ユーミンで英語チェック<1>「~するたびに・・・」


ブログをご覧いただきありがとうございます。新年度を迎えたこともあり、最初に当塾のご紹介を少し致します。

個人学習会・高円寺教室は開室してから今年で25年目を迎える塾で、モットーは「一人のために全力投球」。

勉強する習慣のない生徒、勉強に苦手意識がある生徒、集団の塾にはついていけない、または力を伸ばすには物足りない、部活動が忙しい、など様々な理由があっても、完全1対1のマンツーマン指導でわかるまで責任をもって教えます!

具体的な例としては、

★中学3年時に入会した生徒は、入会時5科目内申点14から5カ月で、内申点17までUPし、都立杉並高校に合格、その後杉並高校から成蹊大学・経済学部経営学科に推薦合格しました!

★高校3年時に入会した生徒は、入会時の英語偏差値42から3カ月で偏差値48、5か月後には跡見学園短期大学家政科に合格し最終的には偏差値53までUPしました!

★中学2年時内申点がオール2で都立高校普通科に行くのは厳しいかと思われていた生徒が、オール3までUPし都立高校普通科に合格しました!

★中学1年時に入会、1学期英語の成績が2だった生徒が2学期には3、2年1学期には4に上がり、得意科目になりました!

などように、個人学習会・高円寺教室は、生徒一人一人のニーズに対応します! まずはお問合せでご相談ください!

TEL:03-5377-1376

お問合せフォーム

私が中学生時代から今に至るまで傾倒しているユーミン(荒井由実→松任谷由実)。

高校時代にユーミン歌詞英訳を始め、20代後半で再開、英会話を習っていたネイティブに添削してもらったり、各歌詞に短いエッセイ+その英訳を付けていくつかまとめて冊子にして英語出版社やファンクラブに送ったり、

一時期正社員として勤務した日本紹介の海外向け雑誌出版会社では、編集部員としてユーミンを取り上げ、その日本語原稿を書いたことなどありました。

何しろ大好きなユーミン歌詞なので、勉強意識というより趣味を追求、という感じでやっていて、そこで引っかかった文法、単語などは楽しくインプット出来たので、ここでもボチボチ紹介していこうかと思います。

まず、各生徒の連絡帳の後ろにも載せている、マイベストアルバム、2枚目「MISSLIM」の中の「海を見ていた午後」から。

冒頭♪「あなたを思い出す この店に来るたび」(作詞作曲:荒井 由実 1974年「海を見ていた午後」より引用)。

~するたびに・・する」は、日本文の構成的には、

 ①Whenever S ~, S ・・・

 ②Each time S ~, S ・・・

 ③When S ~, S always ・・・

などが考えられ、それぞれのパターンで歌詞英訳をすると、

Whenever I come to this restaurant, I remember you.

Each time I come to this restaurant, I remember you.

When I come to this restaurant, I always remember you.

となります。

さらに、その「~すれば必ず・・・する」→「・・・せずには決して~しない」パターンの書き換えとして、

 ④S never ~ without ・・・ing

S never ~ but S ・・・ 

とも表せて、それぞれ英訳は、

 ④I never come to this rentaurant without remembering you.

⑤I never come to this restaurant but I remember you.

となります。

なお、⑤のbut は接続詞ですが、よくある「しかい」ではなく、否定の主節に続けて、「・・・しないなら(~しない)、・・・でなければ(~しない)」の意味で、前から訳すと「~すれば必ず・・・する」になります。

このbut を使ったことわざで、

It never rains but it pours.「降れば必ずどしゃ降り。(二度あることは三度ある。)」があります!

<(C) (株)ゼスト>

#英語

15回の閲覧

〒166-0003

 東京都杉並区高円寺南

​3-16-20 小林ビル201

 

お電話

電話番号:03-5377-1376​ 

日本東京都杉並区高円寺南