ユーミンで英語チェック<16> 目的格の関係代名詞 that


室長兼講師結城が長年ファンのユーミン(荒井~松任谷由実)の曲の歌詞からピックアップして英訳、ポイント文法のチェックをしています!

今回は2枚目アルバム「MISSLIM」3曲目、先日紅白歌合戦でも披露の「やさしさに包まれたなら」のサビ部分の、♪「目にうつる全てのことは メッセージ」(作詞作曲:荒井由実 1974年「やさしさに包まれたなら」より引用)。

この部分を便宜上「私が見る全てのことはメッセージです。」としては、2文に分けると

Everything is a message.全てのことはメッセージです。

I see it. 私はそれを見ます。

となり、①文のEverything が②文で修飾される先行詞となり、②文でのitの役割は目的語なので、先行詞の直後に目的格の関係代名詞thatを用いて、

Everything (that) I see is a message. となります。

目的格の関係代名詞については<14>でも触れましたが、目的格の場合省略できます。

また本来、先行詞が物の時whichでもOKですが、このようにevery、any、noなどがついた複合代名詞が先行詞の場合は普通thatを用います。

その他who(m)、whichでなくthatが好んで用いられるのは以下のような場合です。

1⃣人と動物(または物)の2者が先行詞。

2⃣先行詞に、最上級の形容詞や序数詞が付く。

3⃣先行詞に、the only、the same、the very(まさにその)などが付く。

4⃣先行詞に、every、all、any、noなどが付く。

5⃣前に疑問詞のwhoやwhichがある。

ちなみに2⃣3⃣4⃣では、口語の場合who やwhichを用いることが多いようですが、

5⃣では、例えば例として、Who that knows him can ever hate him ?「彼を知っている人で誰が彼を憎めようか。」で、もしthatでなくwhoだと、Who who~となって、実際紛らわしいですね。

<シンプル例文>

That is the best restauraut (that) I know. あれは私が知っている一番良いレストランです。

余談ですが、今回の紅白歌合戦、私は7~8割方ユーミン目当てで見ていてリクエストにも応募しておいたメドレーを楽しみにしており、録画もスタンバイしてたのですが、

特設ブースっぽい所での「ひこうき雲」の後、本人がこの「やさしさ・・」を会場に現れて歌った演出はちょっとしたサプライズでしたが、正直、え、本当に2曲だけ??という肩透かし感でした。

せめて5曲位は、と思っていたので。。でもその後手仕事しつつボ~っと見ていたら最後に、世間で結構話題になっている、サザン桑田サンとの”奇跡のコラボ”の盛り上がり!があったので少し後味挽回、

2人共さすがの昭和~平成を駆け抜けてきた大御所、その遊び心とサービス精神がここで合体、という平成を締めくくる紅白の”神回”になった!といわれる所以の弾けたパフォーマンスに、まあ今年も頑張っていこう!という景気づけになりました。

#英語

22回の閲覧

〒166-0003

 東京都杉並区高円寺南

​3-16-20 小林ビル201

 

お電話

電話番号:03-5377-1376​ 

日本東京都杉並区高円寺南